コラム

結婚式の時期で人気シーズンと時間のタイミングとは

結婚式の時期について

結婚が決まってからまず考えなければならないことは、結婚式の時期や時間についてです。

結婚式というのは人気シーズンが色濃く表れているため、タイミングによっては自分たちの希望する時期に結婚式ができないということにもなりかねません。

一番人気シーズンは5月といわれています。

5月は気候も暖かくなってきており、新緑の時期でとても気持ちもよくゲストも服装に困らない時期であるため、とても人気が高い結婚式の時期と言えるでしょう。

4月までは寒暖の差も激しく人によってはまだ花粉がつらい時期であったり、入学式入社式などいろいろとお金もかかる時期ですので、いったんそういったものが落ち着いた5月に式を挙げたいと考える新郎新婦が多いといえます。

また、6月になってしまうとだんだんと梅雨の時期になってしまうため雨が心配ですよね。

日本は四季折々いろいろな条件があるため、ゲストの服装を気遣ったり、雨が少なさそうな時期に挙げたいと思っている新郎新婦が多いと言えるでしょう。

結婚式

ライン

5月以外で人気シーズン

4月から6月の春口と、9月から11月の秋口というタイミングに人気が集中しています。

参列者のドレスやメイクなどを考えると、やはり7月や8月は女性はメイクが気になりますし、汗なども気になる時期なので避けたいというところではないでしょうか。

また、冬は寒すぎるため女性は特にドレスで参列するのは厳しいものがありますよね。

こういったゲストの服装を加味すると、北海道などの涼しい場所で行う場合は7月8月あたりがちょうど良いでしょう。

そのほかにも人気の時間帯としては土曜日が一番多くなります。

日曜日の場合次の日の仕事にも影響してしまうところが多いため、次の日が休みの土曜日の日に結婚式を行う人たちが多いのです。

ただし、三連休などが入ってしまっている場合は避けたほうがよいでしょう。

三連休の中日などに結婚式の予定が入ってしまうとゲストの人たちの予定が立てられず、少し印象が良くないので、できれば三連休は避けて通常の土日の休みにするほうがよいかもしれません。

そのほかにも、気にする人は大安、友引などの六曜を気にする人もいるため、大安や友引は人気が高い日付となっています。

気にならない人は仏滅などでも金額が安くなるためそういった日に結婚式を挙げるという人たちもいますが、気になるのであれば仏滅は避けて自分たちにとって日取りが良い日を選ぶことが大切だといえます。

フォトブース
フォトブース
フォトブース
Return Top