画面比率について

画面比率(アスペクト比)って何のこと?

画面比率とは、テレビ(プロジェクター)の画面の縦横比の事です。現在のテレビ放送ではハイビジョン放送による16:9のワイド画面が主流となっていますが、披露宴で使用するプロジェクターやスクリーンにはかつてのブラウン管テレビで主流だった4:3比率(正方形に近い形)のものも混在しており、その数は比較的多いため、会場のスクリーン比率をしっかりと確認したうえで、その比率に従った画面構成で映像を制作する必要があります。

上映される会場様の方に一度ご確認くださいますようお願い申し上げます。
画面比率について

  • 弊社のムービーは全て画面比率16:9で制作しております。
  • ただし、4:3の画面サイズご希望のお客様にもこれまで数多く制作して参りました。

    お写真を見ていただきますと分かりやすいかと思いますが、4:3の画面は昔のテレビのサイズで、やや縦長の画面となります。そして16:9は現在のテレビのサイズで、やや横長のサイズとなります。


    ですので画面比率4:3をご希望の場合は、写真のように上下に黒幕いれることで比を崩さずに表示することが可能でございます。
    (添付写真)
    これまで、4:3の画面比率ご希望のお客様で上映できなかったという事は一度もございませんでしたので、おおよそ大丈夫かと思いますが、式場で念のため、上映テストしていただくと安心です。

添付写真

画面比率

Return Top