コラム

花嫁の幸せを願うサムシングフォーのおまじないを結婚式に取り入れよう!

花嫁の幸せを願うサムシングフォーのおまじないを結婚式に取り入れよう!

結婚式は、二人の愛を誓いあい、新しい人生をスタートさせる大切な一日。
憧れのウエディングドレスはもちろん、花嫁さんは、グローブや髪飾りなど、結婚式当日に身につけるものすべてに、こだわりたいもの。
その「こだわり」のなかに、生涯幸せな結婚生活を送るためのおまじないともいわれる「サムシングフォー」を取り入れてみませんか?

サムシングフォーって何?

今どきのプレ花嫁さんなら、一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、「サムシングフォー(Something four)」とは、花嫁の幸せを願う4つのアイテム、お守りのようなものです。

「Something old(何か古いもの)」
「Something new(何か新しいもの)」
「Something borrowed(何か借りたもの)」
「Something blue(何か青いもの)」

上記4つのアイテムを結婚式当日に身につけた花嫁は、一生幸せな結婚生活を過ごすことができるという、おまじないのようなものです。
日本ではまだ耳慣れていませんが、ヨーロッパでは200年以上も前からの慣習となっています。

サムシングフォーのルーツは?

サムシングフォーのルーツは諸説ありますが、一番有力とされているのは、有名な童謡、マザーグースの歌です。

“Something old,something new,something borrowed,something blue,and a sixpence in her shoe,”

(何か古いもの、何か新しいもの、何か借りたもの、何か青いものと、靴の中に6ペンスの銀貨を)という一説があります。
歌詞のように、サムシングフォーと合わせて、花嫁の靴の中に6ペンス銀貨を入れると幸せになれるというジンクスがあります。現在は、6ペンス銀貨は使われていないので、別の銀貨を入れたり、レプリカを用意したりして、取り入れる花嫁さんもいらっしゃいます。
マザーグースが歌われていた頃に、ちょうど時代が政略結婚から恋愛結婚に移り変わったこともあり、女性の幸せを願って、今日まで語り継がれてきたといわれています。

サムシングオールド(Something old)~何か古いもの~

サムシングオールドは、伝統や祖先を象徴し、先祖代々続く幸せや財産を引き継ぎ、末永く円満な夫婦生活を営めますようにという願いがこめられています。
花嫁のこれまでの人生を支え、守ってくれた母親、祖母などが、大切に身につけていたもの、使っていたものを用意します。

サムシングオールド

[具体例]

  • 母が大切に使っていたアクセサリー
  • 祖母から譲り受けた着物をリメイクしてドレスに
  • 姉が結婚式で身につけたベール

サムシングニュー(Something New)~何か新しいもの~

サムシングニューは、二人の新生活を表し、希望に満ちた幸せな日々になりますようにという願いがこめられています。
新しいものを用意して決意も新たに、どんな困難があっても乗り越えていけるようにという覚悟を持って、嫁いでいくという意味もあるようです。

サムシングニュー

[具体例]

  • ウエディングシューズ
  • グローブ

サムシングボロー(Something Borrowed)~何か借りたもの~

サムシングボローは、友人や隣人など周りの人との縁を象徴し、幸せな結婚生活を送っている人から何か借りて、その幸せにあやかり、円満な夫婦生活が営めるようにという願いがこめられています。
幸せのお裾分けで笑顔が広がっていくなんて、素敵な演出ですね。

サムシングボロー

[具体例]

  • リングピロー
  • ハンカチ
  • サムシングブルー(Something Blue)~なにか青いもの~

    聖母マリアの色であるブルー(青)は、純潔を意味し、幸せを呼ぶ色とされています。
    サムシングブルーは、青いものを身につけることで、愛する新郎に清らかな忠誠を意味しています。
    あまり目立たないところに、さりげなく、身につけるのが良いとされています。

    サムシングブルー

    サムシングブルー

    [具体例]

  • さりげなくブルーが入ったアクセサリー
  • アイシャドウ、ネイルなどのワンポイントに
  • サムシングフォーは感謝の想いを繋ぐ架け橋にもなる

    サムシングフォーを結婚式に取り入れると、それぞれの意味を意識して、何を用意しようか考えながら、当日を迎えます。
    大切な品物を譲り受けたり、借りたりするなかで、物を大切にしたり、人に感謝したりする気持ちが生まれ、温かい気持ちになります。
    そしてまた、結婚式で花嫁さんが身につけたり、使ったりしてくれる姿を見て、譲った人、貸した人も、嬉しさや幸せを感じ、ありがとうの想いに包まれます。
    結婚式が終わっても、ずっとそれぞれの記憶に残り、幸せな想いを呼び起こすでしょう。
    人と人の縁に、感謝の想いを繋ぐ架け橋になる、素敵なサムシングフォー。
    トレンドと伝統のコラボレーションを、あなたの結婚式にも、取り入れてみませんか?

    Return Top