ゲストを感動させるスピーチとは

【 ゲストを感動させるスピーチとは〜その2〜】

【 ゲストを感動させるスピーチとは〜その2〜】

友人の結婚式スピーチ!ゲストを感動させるヒントとは?

友人の結婚式スピーチ!ゲストを感動させるヒントとは?〜そのにい〜

NGスピーチから学ぶことも多々あると思います。
今回はやってはいけないスピーチについてご紹介します♪

NGスピーチ①友人の訓話は失笑もの

●お説教はやめる

人生訓話でも一つや二つは良いのですが、同じ話でも話し手によって話の効果はまったく違ってきます。人生経験豊富な年輩者が年の功でやんわり説く忠告はそれなりに心にしみ込んできます。しかし、若い人が急場しのぎに本屋でみつけたあいさつ式辞集から人生訓話などをやっても、苦笑を買うだけになります。

NGスピーチ②主役は新郎・新婦

●親のことを話すのはほどほどに

新郎・新婦の家柄がよかったり、親がその地方の実力者だったりすると、つい話の重心が親の方にいきがちです。新郎・新婦よりも親と親交が厚いという人のよくやる失敗で、これは聞いているほうはうんざりするものです。

父親の業績をたたえるにしても、本日のメインは新郎・新婦にあることを忘れないことです。

NGスピーチ③ダラダラ話は禁物

●話は短く

基本は3分。媒酌人なら10分、主賓は3~5分、上司・先輩・友人は2~3分です。

また、最もすばらしいのは、サッと一分間で明るくまとめ上げられているスピーチです。短くて失礼ではなく、長くて失礼なのです。主題と話題を組合せた、ピリッと締まった一分間スピーチを研究するようにしましょう。話がダラダラする原因は、
(1) 繰り返しがあること、
(2) 簡潔なことばを選ばないこと。
(3) エーとかアーとか、むだな言葉が多いことです。

では、どんなスピーチが新郎新婦やゲストの方々に感動を与えれるのでしょうか?

次回は、感動を生むスピーチのヒントを探っていきたいと思います♪

Return Top