コラム

金属アレルギーでも結婚指輪がしたい!肌がただれない指輪って?おすすめショップも紹介!

金属アレルギーでも結婚指輪がしたい!肌がただれない指輪って?おすすめショップも紹介!

金属アレルギーで安物のアクセは身につけらない…

これから結婚するのに結婚指輪は絶対欲しいけど、毎日つけるものだからアレルギーが出ないか不安…

実は日本人の10人に1人が発症しているとまで言われている「金属アレルギー」。かく言う私もその一人でした。
ネックレスやヘアピンなどで金属が肌に直接触れると、肌荒れやかゆみに襲われていました。
ですから結婚指輪を選ぶときはまず、金属アレルギーにならない素材を探していました。
これから結婚するプレ花嫁のあなたに安心して結婚指輪を選んでもらうために、金属アレルギーになりにくい結婚指輪の素材についてご説明していきます。

金属アレルギーとは

そもそも金属アレルギーとはどんなものなのでしょうか。
その症状と仕組みを知って、金属アレルギーの予防と対処法を身につけましょう。

金属アレルギー

金属アレルギーの症状

金属アレルギーは、金属に触れた部分に以下の症状が出ます。

  • 赤くなったり皮膚が盛り上がる
  • 水ぶくれができる
  • 激しいかゆみや痛み

一般社団法人金属アレルギー協会によると、金属アレルギーとは「アレルギー性皮膚炎」の一種だそうです。
金属アレルギーの症状が出た場合、まずはアレルギーを引き起こしている金属を皮膚から離すことが重要です。
そのあと皮膚科などで診察してもらいましょう。
症状によって出される薬が異なりますので、医師の説明をしっかり聞いて処方された薬を使って治療するのが一般的です。

金属アレルギーになる仕組み

1→身につけている金属が、汗などでイオン化して溶け出す
2→溶け出した金属イオンが、皮膚のタンパク質(ケラチンなど)と結合しアレルゲンとなる異種タンパク質に変化する
3→2でできたタンパク質のことを体が「異物」と思い、免疫反応を起こす

つまり金属アレルギーとは「免疫反応」の一種なのです。
異種タンパク質から自らの体を守ろうとした結果、自分の肌を攻撃してしまい、肌が赤くなったりかゆみが出たりするのです。

金属アレルギー

汗をかかなくても金属アレルギーになる

金属が溶け出すのは「汗」だけではありません。
洗い物をしたり手を洗ったりして、指輪に水分が付着してもイオン化が始まります。
普段汗をかかない人でも、金属製の結婚指輪をつけた状態で通常の生活をしているだけで金属アレルギーになる可能性があるのです。

金属アレルギーになりにくい素材4選

長時間金属に触れていると金属アレルギーになりやすいです。
ですから、これから毎日身につける結婚指輪は絶対に金属アレルギーになりにくいものを選びましょう。
溶け出した金属イオンが金属アレルギーの元となるので、イオン化しにくい素材を4種類ご紹介します。

結婚指輪

チタン

お肌に優しいチタンをご紹介します。
チタンは空気中の酸素と結合し、非常に薄い酸化皮膜で覆われています。
この膜のおかげで溶け出したりイオン化したりしにくいと金属です。
インプラントや人工関節にも使用されているので非常に安心感がある金属です。
また、チタンはそれほど価格が高くはないので、費用を抑えて金属アレルギーになりにくい結婚指輪を手に入れるならオススメの素材です。
チタン製の結婚指輪はまだそれほど種類は多くありませんが、金属アレルギーのプレ花嫁の強い味方となるでしょう。

結婚指輪チタン

ジルコニウム

ジルコニウムはチタンよりもイオン化しにくいので、更に金属アレルギーになりにくい素材です。
またその色味の美しさから、金属アレルギーでない花嫁にも選ばれています。
ジルコニウムは人工的に化学反応させることでこの世のものとは思えない発色性を生み出します。塗装や着色ではないので、劣化することもありません。
また色味を変えたくなったら、お店でメンテナンスすることでカラーチェンジもできます。
金属アレルギーだけど、デザイン製や美しさを捨てたくないプレ花嫁に人気の結婚指輪です。ジルコニウム製の結婚指輪は広く販売されています。
いろんなデザインや色みを試してぴったりの結婚指輪を選べますよ。

結婚指輪ジルコニア

出典→https://www.sora-w.com/gallery/marriage/

タンタル

タンタルはインプラントや人工骨にも利用されており、金やプラチナも溶かす「王水」にも解けないほどイオン化しにくい金属です。
そのため金属アレルギーにもなりにくい金属として有名です。
また、その深みのある黒色の美しさや重厚感が、プラチナやゴールドとは違った魅力を放っています。
黒色の指輪の真ん中に光る宝石を差し入れることで、宝石の輝きがさらに際立ちます。
宝石が美しく指で輝くため、タンタル製の結婚指輪は金属アレルギーでない人にも人気です。
しかしタンタル自体がレアメタルといって非常に貴重なため、タンタルの結婚指輪を扱っているお店は限られますし、金額もお安くはありません。
しかし非常に美しい黒色を放つ素材ですので、金銭的時間的に余裕があるカップルは、是非その深みのある黒色を試してみてください。

結婚指輪タンタル

出典→https://www.sora-w.com/gallery/marriage/

金属アレルギーがどうしても心配なら「木の結婚指輪」をオススメします。
ウッドリングは意外と販売されていますし、木製の指輪をしていればとても人目を引きますね。
木の素材を生かして温もりある結婚指輪を作成するのもいいですし、宝石を埋め込んで木とは思えない仕上がりの結婚指輪にするのもいいでしょう。
「結婚指輪は絶対金属でなきゃダメ!」という考えがなければ、木製の結婚指輪も選択肢の一つとしてみてはいかがでしょうか?

結婚指輪木製

金属アレルギーの症状が出やすい要注意素材と結婚指輪を選ぶ際の注意点

それでは逆に金属アレルギーになりやすい素材をご紹介します。
長時間詰めることが前提である結婚指輪には、以下の素材は選ばない方が無難でしょう。

金属アレルギー指輪

  • パラジウム
  • ニッケル

これら3種類はイオン化しやすいため金属アレルギーの症状が出やすい金属です。
ニッケルは最も有名な、アレルゲンを引き起こす金属です。
ゴールドやホワイトゴールドの合金に使用されている場合がありますので注意しましょう。
パラジウムは結婚指輪を選ぶ際に最も注意すべき金属です。
金属アレルギーを引き起こしやすいパラジウムは、プラチナやゴールドの結婚指輪のほとんどに使用されているからです。
プラチナやゴールドの結婚指輪を選ぶなら、パラジウムの含有量に気をつける必要があります。
銅もニッケルやパラジウムほどではありませんが、金属アレルギーを引き起こしやすい金属の一種です。
カラーゴールドに含有されている場合があります。

結婚指輪を選ぶ際にパラジウムやニッケルの指輪を選ぶ花嫁はいないでしょうが、ゴールドやプラチナに含有されたアレルゲンのせいでせっかくの結婚指輪がつけられないなんて事態にならないとも限りません。
金属アレルギーの症状がでにくい素材だったとしても、金属の含有率をしっかりお店の人に確認してください。
また、お店の担当者に金属アレルギーになりにくい素材の結婚指輪を探していると伝えることも重要なポイントです。

金属アレルギー用の結婚指輪を扱っている店舗・ブランド

それでは実際に金属アレルギーに結婚指輪を扱っている店舗をご紹介します。

店舗紹介

TOKYO DAIAMOND代官山工房

金属アレルギー用のオーダーメイド結婚指輪の専門店です。
取り扱っている金属は、チタンやタンタルといった金属アレルギーを引き起こしにくい素材のみです。
オーダー・作成・アフターケアまで一貫して一人の職人が請け負ってくれます。ですからイメージどおりの結婚指輪ができあがりますよ。
価格も非常にわかりやすく、デザインによって料金が変動したりしないのが魅力です。
結婚指輪のデザインにこだわりのあるお二人にオススメです。

SORA

指輪のオーダーメイド専門店です。
取り扱っている金属はチタン・ジルコニウム・タンタルやプラチナ・ゴールドなどで金属アレルギーへの理解の深いブランドです。
アレルギーテストのために、チタン・ジルコニウム・タンタルのテストリングを無料で貸し出してくれます。金属アレルギーになりにくいといっても絶対にならないと決まっているわけではありませんから、こういったサービスはとても嬉しいですね。
完全オーダーメイドのため世界に一つしかない二人だけの結婚指輪ができあがります。
参考価格もしっかり記載がありますので安心してお任せできます。結婚指輪の手作りもできますよ。
取扱店舗も北は北海道から南は福岡まであり、全国をしっかりカバーしています。
急な転勤や引越しが入ってもメンテナンスに困ることはありません。
全国展開しているオーダーメイド専門店をお探しのお二人にはSORAをオススメします。

京の風情と至高の輝きをテーマにした和風の趣を持ったブランドです。関西圏では和をテーマにした結婚指輪のブランドとして非常に有名です。
通常の金属素材の他に、チタンやジルコニウムといったアレルギーフリーの結婚指輪も多数取り揃えられており、美しく洗練されたデザインの結婚指輪を選ぶことができます。ジルコニウムだけでも19種類ものデザインがあり、どれにしようか迷うこと請け合いです。
フルオーダーメイドやセミオーダーも可能。プロのジュエリーデザイナーと一緒に二人だけの結婚指輪を作成できます。
和や京の風情がお好きなお二人には、雅をオススメします。

まとめ

結婚指輪

金属アレルギーが気になる人には、チタンやジルコニウム製の結婚指輪をオススメします。絶対に金属アレルギーになりたくなければ木製の結婚指輪という手段もアリです。
たとえゴールドやプラチナのような金属アレルギーになりにくそうな素材を選んだとしても、合金に金属アレルギーを引き起こしやすいニッケルやパラジウムが含まれている場合があります。
半年もしないうちに金属アレルギーの症状が出て結婚指輪がつけられなくなった!なんてことにならないように、ゴールドやプラチナを結婚指輪にするのなら、その指輪の金属の含有率をしっかりと調べておきましょう。
結婚指輪は生涯に一つだけの大切なジュエリーです。
指に一生涯つけ続けられる結婚指輪を納得のいくまで選んでください。

Return Top