使える! 2022年結婚式のプロフィールムービーで使いたい楽曲リストアップ

使える! 2022年結婚式のプロフィールムービーで使いたい楽曲リストアップ

結婚式のプロフィールムービーで楽曲は大切な演出ポイントです。
今回は、結婚式定番の楽曲から2022年だからこそ使える楽曲、そして時代を超えた洋楽名曲まで2022年結婚式で使いたい楽曲を盛りだくさんでご紹介します。

2022年男性ボーカル編

男性ボーカル

吹き出し

男性ボーカルの魅力は安定した声色です。
2021年と2022年に発売された楽曲の中から、プロフィールムービーに使いやすい楽曲を3曲選びました。

<旅路>藤井風 2021年発売


「旅路」は、2021年に発売された楽曲です。
落ち着いたメロディですが、歌詞はこれから長い人生を共に歩むふたりにピッタリの内容になっています。
プロフィールムービー・エンドロールムービーともに、とても相性がいい楽曲と言えるでしょう。
2021年に発売されたため新鮮さがあります。
「友達の結婚式でも使っていた」「これ使う人多いよね」と言われる心配もないですね。

<BOY>King Gnu 2021年発売


「BOY」は、明るさの中に優しさがある楽曲です。
BGMは、静かで映像の邪魔をしない楽曲、つまり存在感が薄い楽曲が選ばれがちです。しかし「BOY」は、映像の邪魔はしないけれど存在感がありますよね。
King Gnuは、若い世代に人気があるアーティストです。
この曲が流れるだけでも「わっ」と喜ぶゲストも多いかもしれないですね。

<愛結び>Novelbright 2021年発売


「愛結び」は2021年に発売された結婚をテーマにした楽曲です。
歌詞の言葉ひとつひとつがはっきりと聞き取りやすい歌い方のため、Novelbrightというアーティストを知らない世代のゲストでも感動するのではないでしょうか。

2022年女性ボーカル編

女性ボーカル

吹き出し

女性ボーカルは、元気なアーティストとしっとり歌い上げるアーティストがいます。
とくに2021年と2022年に発売された楽曲はプロフィールムービーにメリハリをつけやすい楽曲がたくさんあります。

<キャラクター>緑黄色社会 2022年発売


「キャラクター」は、女性ボーカルのかわいさ爆発の楽曲です。
元気な明るいメロディと前向きな歌詞は、新しい人生の幕開けにピッタリですね。
ふたりが出会った場面やプロポーズの場面にいかがでしょうか。

<Ordinary days>milet 2021年発売


「Ordinary days」を歌っているmiletさんの声は、女性の力強さと繊細さをあわせもっていますよね。
「Ordinary days」はドラマの主題歌にも使われていたため、知っている人も多く、さまざまな場面で使える楽曲です。

<しわあわせ>Vaundy 2021年発売


「しわあわせ」は、歌詞の内容が個性的で独特な世界観があります。低めのトーンで歌う声は、心にジーンと響きますよね。
とくに写真に注目してほしいときやふたりの転機などの場面に使ってみてはいかがでしょうか。

2022年も安定の人気! 定番のおすすめ楽曲

定番のおすすめ楽曲

吹き出し

結婚式のプロフィールムービーには必ず使われる安定の定番ソングがあります。
長く使われる楽曲には、納得の良さがありますよね。
ここからは「迷ったらコレ」とおすすめできる安定の定番楽曲を紹介しましょう。

<愛を込めて花束を>Supper Fly 2008年発売


「愛を込めて花束を」は、はじめから終わりまでプロフィールムービーに使える定番の楽曲です。
サビの盛り上がりは、この曲を知らない人でも瞬間的に惹きつける迫力があります。
「迷ったらこの曲を! 」と自信をもっておすすめできる1曲です。

<115万キロのフィルム>Official 髭男 dism 2018年発売


「115万キロのフィルム」は、歌詞がステキです。結婚するふたりの内容で、聞いているゲストの心があったかくなること間違いないですね。
発売から4年以上が経っても結婚式のプロフィールムービーだけでなく、披露宴のBGMなどに使われる人気楽曲です。

<幸せをフォーエバー>MISIA 2013年発売


「幸せをフォーエバー」は、ゲストが「結婚っていいな」と感じる曲ベスト1といっても過言ではないのではないでしょうか。
MISIAさんの歌唱力が雰囲気を一気に盛り上げてくれますね。
エンドロールはもちろん、ふたりが出会ったドラマチックな場面に使っても印象深いシーンに仕上がるのではないでしょうか。

2022年は洋楽も! 時代を超えた心に響く洋楽

2022年洋楽

吹き出し

歌詞がわからなくても時代を超えた名曲は感動を伝えます。
歌詞がわからないからこそ、感性を研ぎ澄ませて聞き入ることができるのかもしれませんね。
ここからは、いくつもの時代を超えて愛され続けている洋楽を紹介します。

<The GIFT>Blue 2003年


「The GIFT」の魅力は声の重なりです。
結婚がふたりの力だけでなく、たくさんの人たちに支えられていることを感じられますね。

<Marry You>Bruno Mars 2010年


「Marry You」は、一度聞けば頭に残る印象的なメロディですね。
男性ボーカルでありながら明るさとかわいらしさがあり、プロフィールムービーの演出に使いやすい楽曲です。

<10,000 Hours>Dan+shay,Justin Bieber 2019年


「10,000 Hours」は、ジャスティンビーバーの透明感ある歌声がステキですよね。
2019年という紹介した中では新しい楽曲ですが、これからの結婚式の定番ソングとなるのではないでしょうか。

<The Rose>Bette Midler 1980年


時代を超えた結婚ソングといえば「The Rose」ではないでしょうか。
今から40年以上前に登場した楽曲とは思えない美しいメロディと歌詞です。
おすすめしたい理由は、多くの世代に受け入れられる名曲だからです。「私の結婚式でも流れていた」と懐かしむゲストがきっといるはずですよ。

おわりに

2022年に使いたい楽曲リストアップはいかがでしたか。
ふたりのことをそのまま歌詞にしたような楽曲、メロディを聞いただけで感動の波が押し寄せてくる名曲、楽曲から受ける感動は一人ひとり違いますよね。
ふたりのプロフィールムービーにピッタリとあう楽曲を楽しみながら探してみてくださいね。

もし、これからプロフィールムービーを作成しようと考えられている方は、ぜひこちらも覗いてみてください♪
感動系からおしゃれ系のムービーがたくさんあるので、見ているだけで楽しくなります。

ムービーラインナップ
loading

あわせて読みたい
loading

2022年6月10日