コラム

結婚式当日にもう一度恋をする!『ファーストミート』は二人の愛が高まる感動の瞬間

結婚式当日にもう一度恋をする!『ファーストミート』は二人の愛が高まる感動の瞬間

恋するファーストミート

思わず感動して涙が溢れてしまうと話題になっている『ファーストミート』をご存知ですか?
結婚式当日に、別々の部屋で婚礼衣装に着替えた新郎新婦が、挙式の前に初めて対面するという、ロマンティックな演出です。『ファーストルック』とも呼ばれ、欧米では一般的なセレモニーです。

欧米発のファーストミート(ファーストルック)が日本でも話題に♪

欧米には、その昔、結婚式の前に新郎が新婦の花嫁姿を見てしまうと幸せになれないという、古い言い伝えがありました。今となっては、真偽のほどを疑いたくもなりますが、そのおかげで、結婚式当日、挙式の前に、タキシード姿の新郎と、ウエディングドレス姿の新婦が、初めて対面する『ファーストルック』という風習が生まれました。日本では、『ファーストミート』と呼び、Instagramでアップされた写真などの影響もあり、徐々に広まってきています。

ファーストミート

ファーストミートはこんなにも魅力的♪

結婚式当日は、タイムスケジュールに追われて、意外と感慨にふけっている間もないことも。
ファーストミートは、新郎新婦の気持ちが原点に返るきっかけとなり、今までの出来事が走馬灯のようによみがえって、結婚式に向かう二人の気持ちを最大限に盛り上がります。
挙式前に新郎が初めて新婦の美しいウエディングドレス姿を見た瞬間を、想像しただけでもロマンティック。
照れる新郎とはにかむ新婦の微笑ましい姿が初々しかったり、感極まって涙してしまう新郎に言葉よりも確かな愛を感じて新婦ももらい泣きしたり・・・。演出を超えた感動のシーンは、二人にとって永遠の記憶に刻まれ、いつまでも色褪せない思い出になるでしょう。

ファーストミートはタイミングが大事♪

ファーストミートは、周りの人の協力なくしては、上手くいきません。せっかく計画していたのに、移動の際にバッティングしてしまったなんて失敗がないように、プランナーさんに設定してもらわなくてはなりません。
ファーストミートを行うタイミングは、挙式前が一般的です。
教会で挙式をあげる場合は、先に新郎が入場していて新婦が後から入っていき出会うこともできますが、挙式スタイルによっては、難しい場合もあります。
そういう場合は、事前に「ファーストミートをしたい」と、ウエディングプランナーさんに相談しておくと、別室や廊下、ガーデンやテラスなど、場所を提供してもらえます。
また、撮影に時間がかかったり、感動の涙でお化粧直しが必要になったりするかもしれないので、挙式までの時間に十分余裕を持っておきましょう。
新婦さんは、新郎さんにどんなウエディングドレスを選んだか教えずに、ドレスの試着もひとりで、または友人や両親と行くなど内緒にしておくと、当日の感動がより大きくなりますよ。

ファーストミート

ファーストミートを写真に残そう♪

せっかくの感動の瞬間を、一生の記念にするために、ぜひ写真に残しておきましょう。
カメラマンさんに事前になるべく詳細に伝えておいて、タイミングを計ってもらうと良いでしょう。
新婦が後ろ姿の新郎に名前を呼びかけたり、肩をトントン叩いたりして振り返ってもらうポーズが一般的ですが、背中合わせになって同時に振り向いたり、趣向を凝らしたポーズを考えてみるのも良いと思います。
新郎に近づくときの「しーっ!」と人差し指を唇に当てるポーズや、新郎が目を隠しているポーズも人気です。
教会のドアがパーンと開いて、新婦がはにかみながら入場してくるシーンは、映画のワンシーンのようになります。

ファーストミートは両親や親友とも♪

ファーストミートの感動は、新郎新婦だけに限ったことではありません。
結婚式が始まると、ゆっくり話す機会もないので、挙式前に、ご両親や大切なお友達に、晴れ姿を披露する時間を作りましょう。
ご家族が並び、一斉に振り向いてもらったり、ウエディングドレス姿の新婦にご両親が声をかけて振り返ったり、プランナーさんに間に入ってもらって、カメラマンさんのシャッターチャンスを確保しましょう。
往々にして、お母さまは嬉しさいっぱいの笑顔で、お父さまは、感極まって涙を堪えている表情が見られるようです。
しばらく会っていなかったお友達とのファーストミートも、歓声があがる感動のシーンになりそうですね。
挙式前にしっかり準備期間をとって、素敵なロケーションで記念の瞬間を写真に残してみませんか?

ファーストミート

新郎新婦が互いにもう一度恋に落ちるようなファーストミートは、やっぱりこの人を選んでよかったと心から思える感動の瞬間を演出します。運命の人に巡り会えた喜びで愛しさが溢れ出て、結婚式を迎えられることでしょう。

Return Top