コラム

二人の愛の証、結婚指輪の後悔しない選び方とは?

結婚指輪は、結婚式の3ヶ月~半年前くらいに準備するのが良いとされています。
婚約指輪と違って、男女共に身につけること、買い直すことは滅多にないことから、つけ心地が良く、シンプルなものが選ばれることが多いようです。
後になって、悔やまないために、結婚指輪を選ぶ前に、二人で話し合っておくことが大切です。

結婚指輪

ライン

予算の設定

結婚式、新婚旅行、新居での生活と、これからお金がかかる時期です。
気に入った指輪があったからと、全財産を注ぎ込んで買うわけにはいきません。
結婚準備でかかる出費や、新しい生活で必要になる費用、少しの蓄えは残しておくべきでしょう。
それを踏まえて、二人で話し合い、予め大雑把でも良いので、価格の上限を決めておきましょう。
参考までに、平均的な数字では、二人合わせて20~30万円とされているようです。

指輪予算

ライン

優先順位を選ぶ

結婚指輪に何を求めるか、何に価値をおくか、二人の意見をまとめておきましょう。
男性は、選ぶのは女性に任せる!という方もいると思いますが、実際に自分の左手の薬指にはめるものです。
後になって「気に入らないからつけない」などと言わないように、しっかり意思を伝えて、女性の希望も聞き入れて、二人が納得する形で選べるように、モチベーションアップしてくださいね!

ライン

デザイン

結婚指輪は、年齢を重ねてもつけるものなので、飽きの来ないシンプルなものが基本になります。
ストレート、ウエーブ、V字型、U字型、幅広のものなどがありますが、男女で同じ指輪をつけるのか、お揃いではあっても、幅や色を変えるのか、それぞれ自分らしさを活かせるようにしましょう。
男性は、幅広のタイプやキラキラしたものは、営業や接客などの仕事では、控えたほうが良いと思います。
女性も、ダイヤが敷き詰められたエタニティタイプは、ゴージャスで美しい反面、家事の邪魔になったり、育児で子供に怪我をさせたりする可能性もあります。
日常的につけたまま過ごすのか、外出時などにつけるだけなのかで、選ぶデザインも違ってくるでしょう。

ライン

素材

結婚指輪の素材としては、圧倒的にプラチナが多いです。
肌馴染みが良いことを重視して、ピンクゴールドやゴールドを選ぶ方もいます。
また、金属アレルギーのある方、今は大丈夫でも将来的に心配な方は、チタンやジルコニアなどのアレルギーを起こさない素材を選びましょう。

指輪予算

ライン

ブランド

大好きなブランドがあり、結婚指輪はここで買う!と、ずっと夢に描いていた方は、その想いを大切にしてください。
一生に一度のことですから、許容範囲であれば、多少予算オーバーしても、どうしても欲しいと思う指輪を購入したほうが良いと思います。
後々、やっぱりあれが欲しかったなと、寂しくなるくらいなら、彼に甘えて、他の部分で節約しましょう。

ライン

 オリジナル性

ありふれた結婚指輪は嫌、お互いの想いの詰まった指輪を作りたいという方は、オーダーメイドがオススメです。
お互いの指輪を合わせるとひとつのデザインになったり、お揃いのデザインで一部分だけ変えてみたりと、丁寧にカウンセリングから作成までサポートしてもらえます。

ハンドメイド結婚指輪

ライン

 ハンドメイド

最近では、二人だけのために世界にたったひとつの結婚指輪が欲しいと、「手作り指輪」も人気です。
専門の職人さんの指導のもと、二人で作業して作り上げた唯一無二の指輪は、何物にも代えられない価値があるでしょう。

ライン

 ネットで情報収集

結婚指輪を選ぶポイントが決まってきたら、まずはネットで検索して、気になるデザインや素材の指輪が、どれくらいの値段で買えるのか、下調べをしましょう。
何の知識もないままに、いきなりショップに出向いてしまうと、店員さんに勧められるまま、選んでしまったり、一目惚れで買ってしまったりする可能性もあります。
実際に、これがいいなと思うものがあっても、一度その場を離れてリセットして、やはりあの指輪に決めようと思ったら、お店に戻るくらいの慎重さがあっても良いと思います。
結婚指輪を選ぶ作業は、広いグランドに、二人の門出の白いスタートラインを引いているようなものです。

まっすぐにぶれないように、焦らず、慌てず、協力し合って進めてくださいね。

Return Top