コラム

ウエディングドレスは一番綺麗な私で着たい!結婚式までのダイエット!

ウエディングドレスは一番綺麗な私で着たい!結婚式までのダイエット!

子供の頃から夢に見た純白のウエディングドレス姿。
結婚が決まり、憧れが現実になって、雑誌やネットで写真を眺めては、幸せ気分に浸ることでしょう。ドレスを着たモデルさんの美しさに魅了され、ふと自分の姿と置き換えて・・・

結婚式までに痩せなくちゃ!

とダイエットを決意するプレ花嫁さんは8割以上といわれています。

1.ウエディングドレスを着るときは一番綺麗な自分でありたい

結婚式の主役は、新郎新婦ですが、注目が集まるのは、やはりなんといっても花嫁さん♡
いつものカジュアルな姿と違って、メイクも髪型も整えて、美しいドレスを身に纏った姿は、ご両親やご親戚、お友達にも新鮮で、幸せの象徴です。
結婚式の写真は、ご両親へのプレゼントやお礼状、年賀状に使ったり、フレームに入れて新居に飾ったりもします。
プロのカメラマンに撮ってもらう写真も、ビデオ撮影も、お友達がスマートフォンで撮影してくれるショットもあります。
ウエディングドレス姿は一生の記念になり、いずれ生まれてくる子供たちにも、見せる機会があるでしょう。
人生のなかで一番華やぐ美しいときを、一番綺麗な自分でいたいと思うのは当然のことですね。

2.体型に合わせてドレスを選ぶのではなく、着たいドレスを選びたい

描いてきた夢の舞台で、こんなドレスが着たいなと思っても、体型を気にして諦めてしまうのは残念なことです。身体の線が出ないように気遣ったり、これだ!と思うドレスに巡り会えてもサイズが入らなかったりでは、悲しくなってしまいますね。
しかし、結婚式前の時間もお金も余裕がないときに、プロのトレーナーについたり、ジムに毎日通ったりするのは大変です。過度な食事制限をして、体調を崩したり肌が荒れたりしても困ります。
気軽に、誰にでもできるダイエット方法をいくつかご紹介いたします。

ドレス

3.常に痩せた自分を想像する

ダイエットにも、イメージトレーニングは効果があります。
摂取カロリーと消費カロリーのバランスで、太ったり痩せたりするので、脳を鍛えて余分な摂取カロリーを抑えるようにします。

  • 目立つ場所にウエディングドレス姿のモデルさんの写真を飾り、食事をするときも視野に入るようにする
  • お財布のなかにオモチャの指輪を入れて、コンビニに寄っても無駄なお菓子を買わないようにする
  • 痩せていた頃に着ていた服や、ワンサイズ下の服を用意して、壁にかけておく

結婚式の日に、美しく痩せて、お気に入りのドレスを着ている自分を、毎日想像して、モチベーションを高めていくと、ダイエットも楽しくなります。

ドレス

4.毎朝のトイレ習慣をつける

朝起きぬけに、白湯を一杯、なるべく時間をかけて飲みましょう。
排便習慣をつけることが、ダイエットの基本です。
繊維質の多い食べ物や、ヨーグルトなどの乳製品を積極的に摂るようにしましょう。
また、1日2ℓ程度の水分補給が望ましいのですが、ジュースや缶コーヒーは糖分が多いので控えて、水やお茶にしましょう。

5.食事の内容を見直す

食べ物のおおよそのカロリーを頭に入れておくと、自制心が働きます。簡単にカロリー計算できるアプリもあるので、利用するのも良いですね。
主食は、腹持ちを考えれば、やはりお米が一番。玄米は美容にも良いのでオススメです。
手軽に食べられる菓子パン類は、想像以上にカロリーが高いので気をつけましょう。
また、間食の習慣がついている方は、要注意。
例えば、ご飯一膳269kcal前後に対し、ドーナツ1個 350kcal。
コンビニ等で食事を買う時も、カロリー表示を気にするようにしましょう。

ドレス

6.食事のリズムを整える

朝昼はしっかり食べる、夕食は軽く済ませ、2時間以上経ってから寝るようにしましょう。
どうしても夜が遅くなって、食べてすぐに寝なくてはいけないときは、甘い物を控え、スープのような温かくて消化の良い物を摂ります。
できるだけ、ゆっくり時間をかけて食べたほうが満腹感も得られるので、一口食べたら箸を置くなど、食べ方にも自分なりの工夫をしましょう。

7.日々の生活に運動を取り入れる

運動する時間がない…というプレ花嫁さんは、ちょっとした心がけで、カロリーを消費しましょう。

  • 駅のエスカレーターを使わずに階段を上る
  • 社内でも、できるだけエレベーターではなく階段を使う
  • テレビを見ながら脚を上げて自転車こぎをする
  • つま先立ちで歯磨きをする

など、ながら運動や隙間時間にできる運動を習慣化させましょう。

ドレス

7-1.ダイエットを続ける秘訣

①目標設定は無理のない範囲で決める
無謀な計画を立てても、身体を壊したり、途中で挫折したりするだけです。

②わずかな体重の増減に一喜一憂しない
体重は、朝夕でも多少違います。1㎏程度の増減は、当たり前だと思って、長い目で見ていきましょう。

③自分にご褒美をあげる
ダイエットのために、お付き合いを断ったり、大好物をずっと我慢していたりすれば、ストレスが溜まります。
たった1回の食事で、それまでの努力が水の泡になることはありません。
普段頑張っている自分にご褒美をあげて、楽しむだけ楽しんだら、気持ちを切り替えて、また頑張れば良いのです。

④一人で頑張らない
ダイエットを一人で続けようと思うと、なかなか続かない方が多いです。
SNSなどで仲間を見つけて、一緒に競い合ったり、結果を褒め合ったりすると、楽しく続けられます。

今まで何度かダイエットを試みてきたけれど、毎回失敗してきた…という方も、結婚式という幸せのゴールがあるのですから、頑張れるはずです。
一番のポイントは、できるだけ早く始めること!
結婚式まで時間があれば、それだけ余裕を持ってダイエット計画を立てられます。

最良の日に最高の姿で、輝ける姿を応援しています。

Return Top